本文へ移動

高尾青年の家ブログ

施設のできごとや行事、イベントなどの様子を更新していきます。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

みんな大好きBBQ!(高尾青年の家)

2022-06-23
梅雨時期ですが、皆のBBQをやりたい執念が雨雲を押しとどめたのではないでしょうか・・・。

町田市にあります「大地沢青少年センター」のバーベキュー場をお借りしました。

皆で準備し、こだわりの食材で昼食を作ります。焼肉、焼きそば、タコライスなど。
デザートの「どら焼き」も食材から作りました!

やっぱりバーべーキューは楽しいですね♪
渋い看板です。
管理人ではなく当事業所の職員です。
さあ準備開始!
火加減の達人。
上手にできました!
いただきま~す。
味に満足。
ご馳走様でした!

一泊研修旅行in稲取 二日目(高尾青年の家)

2022-06-09
研修旅行二日目。

皆さんゆっくり寝れましたでしょうか?朝早くから起きて温泉にいく人たちもいました。

海の幸ふんだんの朝食を食べて帰路につきます。
途中、道の駅伊豆フルーツパークでシラスご飯を食べました。食後はお土産購入タイム。皆さん真剣な顔でお土産探しに没頭していました。

帰路の車内はDVDを見ている人、ウトウト寝ている人。静かに車窓を眺めている人。皆さんややお疲れ気味に感じました。
夕方無事に高尾青年の家に到着。

今回の研修旅行を行うにあたり、多くの皆様のご協力とご配慮を賜りましたことを厚く御礼申し上げます。

また来年行ける日を楽しみにしています!

2日目も素晴らしいお天気でした。
朝からボリューム満点の朝食です。
宿のラウンジでフリードリンクを楽しむ。
道の駅伊豆フルーツパークで昼食とお土産。
昼食のシラス釜めし御前。
このあとお土産を買いに行きました。
サービスエリアでお手洗い休憩。
バスの隣になぜか豚さん運搬車が。
バスの車内も楽しかったです。
お世話になった添乗員さん、運転手さん、そして観光バスと記念撮影。

一泊研修旅行in稲取 一日目(高尾青年の家)

2022-06-09
普段と違う外部の世界を見ること、触れること、集団生活で長時間の活動に参加すること等で、社会性を育むきっかけとなることを目的とした一泊研修旅行。コロナ禍で2年間中止となっていました。
今回は感染症対策を万全に、貸し切りができる宿にするなどの対策を講じました。

今年の目的地は伊豆稲取温泉です。
乗降口に消毒液が設置された観光バスに乗り込みいざ出発!

最初の目的地は生命の星地球博物館です。館内の食堂で昼食としてカレーライスを食べました。食事前に館内をぐるっと一周。地球や生命の成り立ちの展示を見ました。

本日の最終目的地は伊豆稲取「心湯の宿SAZANA」。早めにチェックインし、自由時間を満喫、海辺の散策、温泉、ゴロゴロしながらテレビをみるなどなど。

夕食は18時スタート、キンメダイがふんだんに使われた美味しい懐石料理です。ほとんどの皆さんしっかり完食しています!

例年ですとカラオケ大会をするのですが、感染症対策のため今回は取りやめました。食後は各自お部屋に戻り再び自由時間を満喫していました。

皆さん何時に寝たのでしょうか・・・。
トイレ付きの観光バス。
いざ乗り込み準備完了!
生命の星・地球博物館。
巨大な恐竜化石の展示がありました。
昼食のカレーライス。
心湯の宿SAZANAに到着!早速記念写真。
宿の前に広がるきれいな海。
部屋でまったり中。
キンメ尽くしの懐石料理。最高のお味でした!
皆でわいわい夕食風景。

手作りスウィ~トポテト(高尾青年の家)

2021-11-22
当事業所の畑で生産したサツマイモを、職員がスウィ~トポテトにしてくれました!
甘みとしっとりとした食感が特徴の「安納芋」と繊維質が少なく甘くて滑らかな食感の「紅あずま」をミックスした贅沢な一品です。

お芋ゴロゴロ、バターたっぷり、そして自然な甘さ。
最高のおやつでした。

まさに地産地消!

久しぶりの外出行事(高尾青年の家)

2021-11-05
久~しぶりの外出行事、青梅市でBBQを満喫しました!

青梅市の軍畑(いくさばたと読みます)にあるバーベキューガーデン煉瓦堂朱トンボさんに行きました。

最高の秋晴れの中、美味しいお肉をガッツリ堪能しました。

また行きたい!!
煉瓦堂朱トンボの看板
広い屋根付きBBQ場
スタッフの方がお肉を美味しく焼いてくれます
ご馳走様でした!!
 お問い合わせはこちら
TEL. 042-667-5575
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
特定非営利活動法人サポート高尾
〒193-0824
東京都八王子市長房町1396-3
TEL.042-667-5575
FAX.042-629-9857

障害者の自立支援の援助
障害者の自立支援のための事業
障害者の社会参画の援助
TOPへ戻る